CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
<< PET SOUNDS 徒然草 | main | 深ク暗イ森カラ来タ機器達 Vier >>
10インチ再考、そして録音カーブの曲がり角
8月後半から忙しくなり買うだけ買って放置状態になっていた10インチレコードをやっと整理し終えることが出来ました。
LPレコードの手入れも人それぞれ一家言ありましょうが、ひぃ〜はもっぱらDisco Antistat RC-727という丸洗い器を使用しています。洗浄力・手軽さ・コストパフォーマンスのバランスを考えるとベストチョイスかと思います。
バランス・ウォッシャーなどは数枚は良いですが、何十枚も両面洗浄すると思うとかったるいですし、温水+中性洗剤での丸洗いはラベルのシミが気になるのと乾燥に今一歩だし(SP盤はこの方法で洗ってますが)、超音波洗浄機は高いし使わないときじゃまです。


とゆーわけで、くるくる洗い続けました。勘定してみると100枚近く買ってました、、、内袋・ポリ外袋・専用段ボール箱はShaolinさんに倣ってユニオンのものをチョイス。


でも皆さん大好物のモダン・ジャズは数枚で、ディキシーランド、スウィング系がほとんどですよん♪瀬谷さんの会でより古いジャズの魅力に接したわけですが、何から聴いていいかよく分からなかったので、取り敢えず10インチから購入してみたのです。

さてこの10インチ盤を10枚ずつ224に載っけてぶっ続けで聴いてみました。しょーじきいって、ちょっと食傷気味...やはりモダンジャズに比べて曲の展開が似た様なものが多いですね。まーまとめて聴き過ぎかもしれませんが...

さてさて10インチLPをたーんと聴いて改めて思ったのが、とても音の鮮度が高いものが多いな、ということです。巷では未だに10インチLPは音があまり良くないなどと、伝えられていますが、どーなのでしょー。
ひぃ〜もJAZZをレコードで聴く様になり、自然と高音質ということでオリジナル盤に向かっていき、10インチ、SP盤と遡ってきましたが、この10インチというのはちょっとやっかいだな、とは思っています。
まずは録音カーブの問題。
LPはほとんどRIAAなので何も考えないでいーですし、SP盤をあえて聴こーなどという奇特な人間は最初から録音カーブについて考慮しているでしょうからこれもいーとします。
しかし10インチは一般のレコファン(という言い方があってるかはさておき)もふつーに出会ってしまう可能性が多々あります。そして録音カーブのことなどこーりょしませんから自然とRIAAでない盤を聴き、10インチ盤=音が悪いなどという評価が出やすいのではないでしょーか?
ただし、10インチ盤にはふるーいSPからおこしたものもちょくちょくあるので、こーいうのは録音カーブ替えよーが何しよーが音は芳しくないです。
あと、ボーカルメインの曲はRIAAで聴いても遜色ない場合もあります。これは録音カーブが高音低音に対して増減のかかるものなのでボーカルの帯域は影響が薄いものと思われます。

と、10インチ盤の音の違いをあれこれ書いていこうかと思ったのですが、いろいろ調べていたらこんなHPをみつけたので、急遽変更。

このzandenというメーカーのフォノアンプmodel100の説明文で、「LPレコードは1956年以降、RIAAに統一されたと一般的には言われていますが、弊社ではRIAAカーブ以外にもDECCAカーブ、COLUMBIAカーブで録音されたステレオレコードが国内盤も含めて多数の存在を確認しています。」とあります。この時点で頭の中に「?」が点灯したのですが、それにつづく別ページLPレーベル別カーブリストを見るに至っては卒倒しそうになりました!!!
JAZZファンにはお馴染みのATLANTIC、BLUENOTE、CONTEMPORALY、IMPULSE、PABLO、VERVEの米国原盤(つまりオリちゃん)のステレオ盤の録音カーブがCOLUMBIAカーブだというのです!!!
仮に一部の初期ステレオ盤の話だったとしても、これを事実と受け止めるとそれよりも前に発売されていたmono盤は確実にCOLUMBIAカーブでカッティングされていたことになってしまいます。
、、、しかし、AESの事も知っていながら、この説明とはいったいどういう意図があるのでしょうか? 個人的にはLCR型で録音カーブを切り替えできる機能というのは非常に惹かれるところではあるのでがね、、、うーん謎だ。怖くなってきた、、、
怖いから俺もー寝る。。。(ジゲン
| DISC | 10:27 | - |
この記事のトラックバックURL
http://cafe-moondance.com/trackback/68
トラックバック