CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
<< 履物万話 其の弐足『靴篦不確定性原理』 | main |
消える包丁と切れる包丁

セラミックの果物ナイフが見当たらなくなってから2年ほど経つ

外に持ち出したわけではないのですぐに出てくるだろうと高をくくっていたのだが全然出てこない。
まあ、私の作るようなものは三徳だけでも出来ないことはないので、何とか2年をやり過ごしてきたが、ちょっと不便も2年分溜まると精神衛生上良くない。
もちろん果物ナイフなんて安いのだからすぐに買い直しても良いのだが、仮に新たに買ってから先の果物ナイフが出てきたら考えると二の足を踏んでしまう。

もともと、一人暮らしで自炊を始め最初に買った刃物が果物ナイフだった。その後、調理の腕も少しは上がり、何回かの買い換えを経て、果物ナイフと三徳包丁の二挺が自分にはもっとも合理的な組み合わせであると確信に至った次第なのだ。
なので、三徳包丁と果物ナイフの二挺が、三徳包丁一挺と果物ナイフ二挺などとなってしまったら自家製合理性の崩壊に陥ってしまうではないか。(なんという精神的自家中毒だ。うう。。。)

今年の年始めに台所を徹底的に整理・清掃しても果物ナイフは出てこなかったので、先のが出てきたら南瓜に突き刺して折ってやる、という思いのもと、ネットで新たな果物ナイフ探しを始めた。


いろいろと見ている内にある折衷案が浮かび、いやこれは妙案だとばかりポチッと購入したのが、

DSCN0541.jpg

グローバルのペティナイフ。

コレなら今まで果物ナイフで行ってきた作業をほぼ包摂出来るし、仮に先の果物ナイフが出てきても(吾が黄金の合理性は多少崩れるが)共存出来ると考えたのだ。

しかし、このグローバルのペティナイフは評判通り良い物だ(グッドデザイン賞云々というトコだけいらっとするけど)。手の小さい私にはぴったりのハンドルサイズで、重量バランスもいい。これはもう果物ナイフは出てこなくてもいいかもしれない。いや出てくるな!リアルガチで絶対出てくるなよ!

| KITCHEN | 16:55 | - |