CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
<< The Long and Winding Groove... | main | 英国式音頻系統「2008年土星への旅」の巻 >>
シェラック・ジャンキーズ 休日はHoliday!
お盆休みはありませんが、週末は普通に休めたので久々のレコード三昧。。。
休日はやっぱりビリー・ホリデイなのだ!

まずはコモドアとコロンビアのSP盤、元祖アルバムから。


SP盤というとノイズが多い、割れ易い、収録時間が短い、等々とマイナス要素として捉えられる事も多いですが、ノイズは(多分、脳内補正で)段々気にならなくなって来ますし、ずぼらな私でさえ不注意で割ったのは1回だけですし(シクシク...)、収録時間が短くてもウチはオートチェンジャーが勝手に取り替えてくれたりと、お気楽極楽の環境となっておりますw

この前はPCオーディオをちらっと紹介したので、ついでにアナログラインの使用機器画像を再アップしておきます。

これが、賢いオートチェンジャーThorens TD-224君です!




そして、各種録音カーブに対応するMcIntosh C-20、通称王様!
残念ながらバス・ロールオフ周波数には対応しておりません...


パワーアンプも古いものかというと、そうではなく現行のアメリカ製キットのOTLアンプです。

マッキンやダイナコの古いアンプを借りてこのラインに繋ぐと確かに「らしい」音で鳴ったのですが、どうも好きになれませんでした。しばらく真空管-mosfetハイブリットアンプでつないでたので、その時点でトランスとは合い寄れない耳になっていたのかもしれません。


とりは、麗しきお姿、中身はVOTTのAltec Flamenco姫!
プロジェクターと組んでのホームシアターの音声ももちろん担当する麗人...



さあて、お次はモノラル10インチ盤。録音カーブをAESにして、バリレラをLP針に回転して針圧下げてハイOKなのだ!



あとは224君にお任せで、座椅子で蕩けてしまうだけ...ただ健康な男子として相応しい休日の姿かどうかは疑問の残るところですがね...う...昨日誕生日だったってすっかり忘れてた..........
| DISC | 22:31 | - |